10月18日にあましんアルカイックホールにて上演された、第34期関西公演の千秋楽にて、ミュージカル「A COMMON BEAT」の国内上演回数が100回となりました。12年間で約3,500人のキャストがステージに上がり、観客動員も約15万人となり、本当に皆様に愛されてここまで上演を続けてくることができました。感謝申し上げます。これからも国内外問わず作品のメッセージを多くの人に届けていきます。応援よろしくお願いします。